ボトックスを受ける前に副作用を知る【深刻に考えなくても大丈夫】

サイトメニュー

内出血が起こる可能性

看護師

別の施術もある

ボトックスを受けた時に起こる副作用のひとつに内出血があります。これは施術を行う時に針を刺すことが原因で起こるものです。皮膚の中には血管が無数にあり、大きな血管は体の中心部にありますが、皮膚表面の近くには細い毛細血管がたくさんあります。転んだ時などに怪我をすると出血をしますが、あれは皮膚の下にある毛細血管が破れて血がでているということになります。大きな血管と違って細い血管なのでどこにどのようにあるのかを把握することは難しく、どれだけ傷つけないようにしていても針があたってしまうことがあります。大きな血管の場合には出血をしますが、毛細血管の場合には出血をしても皮膚の上に出てくるような量ではなく、皮膚の傷も針の跡だけなので皮膚の下に血液がたまります。これが内出血で青あざなどと同じようなものです。ボトックス注射をする時には、針を刺すのが一度だけでなく、何度か角度を変えて針を刺すので、その時に毛細血管を傷つけると注射部位に内出血が起こります。これは副作用といっても見た目だけの問題で強い痛みなどがでることは滅多にありません。また内出血が起きた後には徐々に皮膚の下の細胞に吸収されていくので出血の跡もなくなっていきます。数日程度で完全になくなることが多いので、その間だけお化粧などで隠しておけば問題なく過ごせるレベルです。内出血は確実に防ぐことができない副作用のため、誰にでも起こる可能性があります。もしも目立つのが気になると言う時にはコンシーラーなどの隠す力の強い化粧品を使うことをおすすめします。美容整形は病気ではないとはいえ、メスを使ったり薬剤を使用したりするので、副作用が起こらないという保証はありません。どれだけ簡単な施術だったとしても希望通りに仕上がらなかったということもあります。これは美容整形が見た目を整える治療ということで病気のように治るものではないからです。ボトックスを使って顔のシワとりをした時には完全にシワがとれるかというと、必ずしもそうではなくシワが深すぎる時にはボトックスだけではシワをとることができません。筋肉の動きを抑制してシワができないようにするというものなので、表情が変わっていない状態ですでにできているシワには働きかけることができないのです。表情シワも年齢を重ねていくと深くなり、何もしていない状態でもシワがあるようになります。この時にはボトックスを使ってできるだけシワを目立たなくさせることはできますが、完全になくすことは難しいでしょう。ボトックスの量を増やせば強い効き目があるかというとそうではなく、副作用として筋肉の抑制が強くなり過ぎて、表情が不自然に見えてしまう症状がでる恐れがあります。そのためボトックスを使った治療は表情シワが深くなり過ぎる前に開始しておくと、効果がはっきりと出やすくなります。すでに深くシワができている部位に対しては他の治療を並行して行うことで、シワを目立たなくさせることができます。クリニックでのカウンセリングの時に、同時に行える施術を質問してみるといいでしょう。注射だけの施術でも色々なものがあるので、上手に組み合わせることが成功の秘訣です。

Copyright© 2018 ボトックスを受ける前に副作用を知る【深刻に考えなくても大丈夫】 All Rights Reserved.